fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2022年07月29日 (金) | 編集 |
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-4115.html

【三之宮】(安産の神)
20220515_平泉寺白山神社_062

御祭神/栲幡千々比賣尊 
----------------------------
三宮は1597年(慶長2年)に建立されました。現在の建物は
明治22年に改築されたものです。祀られているのは、
栲幡千々姫尊で安産の神様としての信仰があつくお産が軽く
なるというのでお参りの帰りに社務所によって腹帯を買って
帰る方もいます。
また、ここからは泰澄大師が開いたといわれる白山への登山道
となっていて、この道を白山禅定道といいます。
平成8年11月には、歴史の道100選に選定されました。


-------------------(公式サイトより)

【白山禅定道】
三之宮のそばに登拝口がありました。

20220515_平泉寺白山神社_063

「熊危険」の注意書きが落っこちていたので引き返す。

20220515_平泉寺白山神社_064

参拝を終え、東尋坊屋敷跡の辺りまで戻ってきました。
ここに幾つかの石碑があるので紹介。

20220515_平泉寺白山神社_065

【大乗妙典 六十六部日本廻國供養塔】
「天下泰平 日月晴明」と書かれています。

20220515_平泉寺白山神社_066

----------------------------
 大乗妙典 六十六部日本廻國供養塔 
廻國聖により全国66の霊場(平泉寺もその一つ)に、
大乗妙典(法華経)が1部づつ奉納された。
供養塔はその記念に建てられたが破損したため明治23年
(1890)に再建された。


---------------------(説明板より)

【南无阿彌陀佛】
20220515_平泉寺白山神社_067

----------------------------
 南无阿彌陀佛
表には南無阿弥陀仏とあり、側面には文政5午年(1822)
2月10日と刻まれ、「第一番 仁空義山」の文字も読み取れる。
義山は平泉寺の坊院の1つ大聖院などの院主と考えられるが、
何の目的で建てられたのかは不明である。


---------------------(説明板より)

【結神社】
20220515_平泉寺白山神社_068

----------------------------
  結神社 
『越前国名蹟考』の平泉寺村の項に「同年(慶長二)結ノ神ノ
叢祠ヲ立」と見えている。同年(1597)に「三之宮御社」
などとならんで早くから再建された。弘化4年(1847)の
『白山行程記』中の「平泉寺圖」に「結神」が描かれ、
その横手から大野に向かう道がつながっている。
記紀神話における火の神で「かぐつち」、火産霊(ほむすび)
とも表記される。ご神体は2つの隕石と伝えられ、
縁結びの神として信仰を集めている。


---------------------(説明板より)

【常夜灯】
20220515_平泉寺白山神社_069

----------------------------
 常夜灯 
嘉永4年(1851)に建てられたもので、梅田治右エ門、
柳町助右衛門、原藤蔵の名が刻まれることから施主と考え
られる。作人は大野の石屋久右エ門とある。
以前は毎夜灯りがともされ、灯の傘に石を投げ上手に乗ると
よい嫁がもらえるといわれた。


---------------------(説明板より)

平泉寺白山神社はとても良い神社でした。
景色を楽しみながらゆっくり散策するのにはオススメな場所
かと思います。皆さんも是非一度訪れてみては如何でしょう。


ブログに訪問ありがとう。
この神社の素敵さがわかる人、拍手をポチッとよろしく。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック