fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2022年11月26日 (土) | 編集 |
前のお話はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-4208.html

「もし自分の子供と他所の子が溺れていたらどっちを助けるか、
あんただって自分の子を助けるでしょ?」と母に言われたけど
勝手に私の気持ちを妄想して決めつけないで頂きたい。

自分なら他所の子供も見殺さず同じように助けますけどね。
私には子も居ないし、母親になった事も誰かが溺れている状況
に遭遇した事もないけど、もしも目の前でこんな咄嗟の出来事
が起こったとしたら両方助けようとして飛び込むかもだよ。
(でも溺れてる子が小さな子供なら出来るだろうけど、
大人を助けるのはちょっと無理か?両方逝ったら悲惨だな)

しかしよく水の事故で死んじゃうのはなぜかいつも助ける側。
結果、溺れている人が助かるのはなによりだが…
身内を助けるのは当たり前として、他所の子を助けようとして
溺死するのはあまりにも可哀想だよね。

運命っていつも残酷だ。
どうしてそんな良い人たちが死なないといけないんだろう。
時々水の事故のニュースを見るたび思うんだけど、
助けに入った人が生き残る代わりに、世の中の死んだ方がマシ
な人間の寿命が削られれば良いのにって。


ブログに訪問ありがとう。
今日もコメント欄は閉じておこう。
応援拍手をポチッといただけると励みになります。
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック