定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年09月26日 (金) | 編集 |
2014.9.23探訪
焼津には『日本武尊 御沓脱之旧蹟』という史跡があります。
その名の通りヤマトタケルと関係がある場所で、
記紀に書かれていない彼のエピソードが残されています。

家から歩いて行ける距離にあるので久々に足を運んでみたんですが…
あぁぁ、雑草生えてるし。祭りの時の榊も枯れたまま放置されてるよ。
お掃除してさしあげたいッス。 orz

20140923_okutunugi_001.jpg

日本武尊 御沓脱之旧蹟
住所:静岡県焼津市焼津6丁目 (普門寺の冠木門の東約100m)

ヤマトタケルが東征の途中、
御沓を脱いで休息をして老女から小麦飯の饗応を受けた小庵の跡です。
明治の中ごろまでは老女の子孫(下村家)の住居があり、
焼津神社本祭の特殊神饌を調製していました。事情があって下村家は
ここから住まいを移転させてしまいましたけれど、現在もなお、
この焼津の地にお住まいだという事です。


御沓脱之旧跡にある石像は盗難やイタズラ防止のため、いつもは剣を
持っていないのですが、8月の大祭『荒祭り』の時だけ剣をさしている
姿を拝むことが出来ます。(記事:©SERUNA)

↓ 剣を持つお姿はこちらの記事をご覧になって下さい。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-355.html
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-360.html

20140923_okutunugi_002.jpg

--------------------------------
特殊神饌

柏餅:八月一日、御注連下し祭の神饌で小麦粉、小豆、塩の材料にて
   塩あんの柏餅を調整して作る。

碁石御供:八月十二日夜、御神楽祭の神饌で、粳米を搗き粉にして
     浄水でねり、碁石大に製し、せいろに納めて献る。

生魚の掛魚:御神楽祭、例祭、四回の神幸式御旅所祭の時に、
      海の生魚(黒鯛またはすすき)を献る。

煎豆飯:八月十二日夕祭の神饌、粳米を炊いて、
    その中に大豆を煎って皮をむいたものを混ぜ入れる。

小麦飯・櫛形餅・牛の舌餅:小麦飯は、小麦をふかし、
    こうせんをまぶしたもの。櫛形餅、牛の舌餅は夫々その形状
    を言うのであるが、三種の神饌とも神幸式北御旅所御祭事の
    時に、御供捧という少女が特別に奉献するのである。


------------------(焼津神社略記 冊子より抜粋)

石像のヤマトタケルはこんなですが、
私が想像するのは全然違って何と言うかもっとこう…
(以下延々と妄想語り)

20140923_okutunugi_003.jpg

ヤマトタケルが食事をとった場所は各地に残されていて、
実はそういった場所にも興味を持って幾つか足を運んでいるのですが、
彼がご飯の旨さを褒めながら、美味しそうに食事をとっている姿を
妄想しはじめると止まらなくなります。( ^ω^ )

一部、焼津弁でお送りいたしますよw

タケル:「旨いなコレ。褒めてつかわす(もぐもぐ)」
老女:「あんがてぇなぁー (´・ω・`)」
タケル:「おかわりはあるか?もっと食いたいぞ」
老女:「あんとうよぉ。ほれ、たんと食べてってくりょう」(※1)
タケル:「ここまで長旅だったから腹が減って仕方がないのだ」
老女:「いせぇで食うとつっかえるで、きょーつけよぅ」(※2)

…遥か昔、この辺の言葉がどんなだったかは知らないけれど、
会話する時に方言の問題をどうクリアしていたのか凄く気になる。
ところで『老女』って幾つくらいのかただったのでしょうね。

(※1)ありがとう。ささ、沢山食べていってください。
(※2)急いで食べると喉につかえるから、気をつけてね。



小麦飯ってどんな味がするんだろう。神社でいただいた冊子に小麦飯
の写真が載っていたけれど、モノクロでよくわからなかったな。
そもそも小麦に混ぜる「こうせん」とはいったい何ぞや?
と思いググっってみた。ほほう、なるほど「香煎」か。
http://kotobank.jp/word/香煎
「香煎=麦こがし」っていうとイメージするものは落雁ッスかね?
麦飯も落雁も大好きだぞ。二つ合わさればきっとウマいに違いない。
(待て、美味いもの+美味いもの=美味しいって小学生の思考かとw)

おまけ
↓ 4月に書いた焼津神社を紹介する記事も貼っておきますね。
(1)http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-131.html
(2)http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-132.html


ブログ応援にランキングボタンや拍手をポチッと
してもらえたら嬉しいです。いつもありがと♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
No title
御沓脱之旧跡の「ヤマトタケルノミコト」の石像、立派ですねえ~

自分は奥秩父の三峰神社(ヤマトタケルノミコト創建と伝えられております)
の「ヤマトタケルノミコト」の銅像は見たことがあります。

金沢の兼六園にも「ヤマトタケルノミコト像」があるとか

関東には吾妻や走水など「ヤマトタケルノミコト」ゆかりの地が結構あります。
2014/09/28(Sun) 18:48 | URL  | スラリン #-[ 編集]
Re: スラリンさん
こんばんは、いらっしゃいませ。
いつもコメントありがとうございます♪

三峯神社の日本武尊像はこれですね。
(写真はもやがかかって、ちょっと見辛いですが…)
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-194.html
私も5月に参拝した時に目にしましたが結構デカい像ですよね。

>関東には吾妻や走水など「ヤマトタケルノミコト」ゆかりの地が結構あります。

兼六園には行っていませんけれども、西から東まで、
九州以外は殆どメジャーなゆかりの地は行き尽くした感じかも。
(場所は言えませんが某SNSでレポ書きまくっていますw)
ヤマトタケル好きはガチなのでそういう場所は調べまくってますよ。( ^ω^ )
2014/09/28(Sun) 19:28 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック