定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年10月01日 (水) | 編集 |
今度はメディアが『御朱印ガール』とか言って持ち上げ始めた。

過去にも古事記ガール、神社ガール、古墳ガール…
あぁぁ、だからもう何だよこれ!
「○○ガール」って言葉は私は大っ嫌い!
ハッキリ言うよ、この言い方アタマ悪そうだからやめろ。


そもそも御朱印ガールって何なんだっ!
アレか!御朱印を“コレクション”したいだけの女かっ?!
御朱印だけ目的に神社をまわってんのかお前らはっ!
神社をラリーポイントか何かと勘違いしてないか?
ハァ?!お洒落だから?流行ってるから?

ふざけんな。

こういう言葉が出始めると流行りだからってロクに調べもせず、
「御朱印以外はどうでもいいよね♪」って言いながら
詳細を知ろうともせず、デカイ顔しながらズカズカやってくる
ニワカが増えるのも大っ嫌い。あと前から知ってるのに
「あなたもそうなの?」みたいな目で見られるのはもっとイヤ!

なんとかガールとか、なんとか女子とか…
マジでアホじゃないかと思う。
何がアホかって、特に持ち上げるメディアどもがな!!

今朝テレビで目にしたんだけど、神社の御朱印も寺の御朱印も
まるっとひとつの御朱印帳にまとめていた人がいたけど、
正直イラっときたわ。流行りとかブームとかで絶対ニワカとか
バカが増えそうだから神社での正しい頂き方を教えておきますよ。
えー、それから一言申しておきます。

お洒落だからとか、流行りだからとか、
そういう概念は捨てろ!




------------------------------------

〜 サルでもわかる御朱印のいただきかた 〜

御朱印帳は神社と寺で分けろ

神社と寺で御朱印を一緒にするのを嫌うところもあります。
それから、御朱印はちゃんとした御朱印帳でいただきましょう。
ノートにいただこうとするバカは居ないでしょうね?

御朱印は記念スタンプじゃねぇ!
まさか御朱印をスタンプラリーと勘違いするバカはいませんよね?
神社の人だって、ただ単に書いているわけじゃ無いですよ。

先に参拝を済ませておけ
ハァ?御朱印だけもらいたい?…ふざけんな、参拝しやがれ。
社務所に朱印帳を預けて「参拝を済ませてきます」でもいいから先に参拝を
済ませて下さい。それから参拝時には手水舎をスルーしないように。
くれぐれも、神社に何しに来たんだ!ってならないように参拝のやりかたも
キチンと勉強してから行きましょう。恥ずかしい思いはしたくないでしょ。

悪い例:柄杓に直接口をつけるヤツがいたり、
  水のたまっている所でバシャバシャ手を洗うヤツがいる。


御朱印はタダじゃねぇ!
タダで書いてもらおうなんてヤツはいませんよね。
お気持ちを納めるというカタチですが、大体300円(場所によっては500円)
かかります。時々、お代はいただきませんよっていう神社もあるけれど、
そういう時には帰る時にでも、ありがとうございますという気持ちで賽銭箱
へ納めていって下さい。ラッキー♪って帰るヤツは私がぶっ飛ばす。

朱印帳を粗末に扱うな
あぁぁもう!だから御朱印帳はスタンプ帳じゃねえぇぇ!
お守りやお札を扱うのと同じ気持ちでいるように。


補足
伊勢神宮でいただく時
:内宮の方が位が上ですから、
内宮の御朱印は外宮より先に記帳されます。「外宮→内宮」と参拝をして
御朱印をいただく場合は、内宮の御朱印をいただくページを必ずあけて
おきましょう。※外宮の社務所で御朱印をいただく時に、
「内宮へお参りされますか?」と聞かれると思います。何だかよく意味がわからない人は
思い切って質問してみよう。恐らく「記帳の順番は内宮が先」と同じ事言われますよ。


裏表はあるか:両面に記帳していただいても問題なし。
      私は片面のみ使っていますけれどね。

御朱印帳はどこで入手するの?:文具屋さんをあたってみよう。
      神社では扱っている所と、扱っていない所があるので注意。
      (神社近くのお土産屋さんにも置いてあったりします)

------------------------------------

最近、御朱印を集め始める所からスタートした人は、
折角だからこの機会に「神社とはなんぞや?」ってのを知ってください。
わかんない人は自分で調べるクセをつけよう。「知る」って面白いですよ。
自分のためにもなるし、人に教える事だって出来るでしょ。

神社へ来ておいて神様への気持ちも無く、
御朱印を貰うこと「だけ」を目的にするな。



ブログ応援にランキングボタンや拍手をポチッと
押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック