fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
2023年06月11日 (日) | 編集 |
料理の記録(親の夕御飯)。
チャーハンは完全手作りですが、餃子は市販品。
使ったのは「マルマツの浜松餃子」(冷凍)。
http://marumatsu-no1.co.jp/
浜松餃子で何故もやしじゃ無いんだとツッコまれそうですが、
もやしが無かったからです。レタスでスマン。(´・ω・`)

20230611_炒飯と餃子_001

【炒飯】
チャーハンの具材に使ったものは、
キャベツ・玉ねぎ・なると・ソーセージ・ネギ。
味付けは少しの日本酒に溶いた顆粒鶏ガラスープ、
塩コショウと醤油。卵は具とご飯を炒めた後に投入。

昨今のチャーハンは矢鱈とパラパラ系が持て囃されていますが
ワタシ的には「昭和のしっとり系」が最強だと思っています。
なるとを入れると昭和の中華屋さんの味になるよ♪
刻んだチャーシュー入れればもっとお店の味に近づくけど、
材料が無いので代わりにソーセージを刻んで入れました。

20230611_炒飯と餃子_002

【餃子】
フライパンに油を敷き普通に並べて焼きます。
餃子を作る時に「水を入れる」と書いてあっても、
“水”を入れてはいけません。熱湯を使うと良いですよ。
大事な事だから何度も言いますが水ではなく熱湯です。
(入れすぎるとベチャベチャになるので要注意!)

蓋して中火6分蒸し焼き。フライパンの側に居るとわかりますが
焼きあがるタイミングは音でわかります(ジュワジュワーから
水分の無くなったパチ…パチ…という音に変化)。

20230611_炒飯と餃子_003

本当はホソヤコーポレーションの「昭和生まれの贅沢餃子」
https://hosoya-c.co.jp/product/昭和生まれの贅沢餃子-2/
の方が美味しいんだけど大きく値上がりしたうえ、近くのお店
では高いので(そこより安い店はちと遠い)今は買ってない。
ホソヤの方が「町中華の味」な感じがするのでオススメ。

メーカー関係なく、チルド餃子も冷凍餃子も作り方はみんな
同じに作っていますが特に問題はなかったですね。

★関連過去ログ
アイルーっぽいチャーハン
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2007.html
専業主婦してた時に作ったやつ。あの時は喜ばれると思った
のに反応がめちゃくちゃ薄かったから悲しかったなぁ…
煉獄さんの牛鍋弁当を再現した時もそうだった。


ブログに訪問ありがとう。
関連記事
テーマ:おうちごはん
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック