fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2024年04月28日 (日) | 編集 |
学生時代はとにかく「女らしく」を強制されるのが大嫌いで…
というか今も嫌いなんですけど、きっと昔の私から見たら、
今の私が料理を作れるようになっていたり「作る事が楽しい」
と思ったりなんて「信じられん!」と言うに違いないでしょう。
料理は家庭科の授業では中学・高校時代に作りはしましたが、
「家事なんて女がやる事」「こんな女くさい事一生やらない」
まで言ってのけるちょっと変わった生徒でした。
「いやいや、アンタ女だろ」「料理に男も女も無いだろ」と、
ン十年後の自分がここでツッコミ入れとくわ。

その癖「女は結婚したら仕事を辞めて家庭に入らないとダメ」
「男は外で稼いで、女は家で大人しく夫を待っていれば良い」
とガチガチな考えを持っていた一方で、バリキャリ目指して
将来結婚するつもりは一切なかったと記憶。
今思えば何故に私、結婚なんかしたんだろうな?
一緒に居て楽しかったし、墓まで一緒に行けると思ってた。
この人なら大丈夫だと絶対的な自信があったからこそけど、
最終的に裏切られてぼっちになる事がわかっていたら、
ずっとその考え貫いて働き続け結婚もしなけば良かったぞ…

という後悔のお話は置いといて。

…脱線した。元に戻そう。
そんな自分が必要に迫られて料理するようにはなったものの、
(食いしん坊で、食べたいから作るようになっただけかも?)
バリバリ料理が作れる方々の足元にも及びませんで
毎回ショボい料理ばかりアップしてほんとゴメンなさい。
もっと美味しそうな料理が作れたら良いんだろうけど、
恐らく昔、何もやってこなかったツケでしょうね。
茶色い料理ばかりで、キラキラした料理のひとつやふたつ、
何故作れないんだろうとションボリしてしまう時がある。

あと学生時代にもっと学んでおくべきだったと思うのが裁縫。
同じく「こんな女くさい事(以下略」で避けてた結果。
ドール趣味が出来て以降、凄く後悔したものがコレ。
お人形の服が作りたいんだよ。(´・ω・`)

今日はそんなボヤき。

【余談です】
最近、小さな飲食店を経営したいと思う事がたまにある。
こんなショボいレパートリーと腕では出来る訳が無いがw


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手やコメントいただけると励みになります。
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック