fc2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見て戴けたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々、たまに飯テロ。ヲタクなネタから神社めぐりまで。お好きな記事をブログカテゴリからお選び下さい。
| Login |
2024年05月16日 (木) | 編集 |
去年から色々な会に入りまくっています。
今回は、福島県双葉郡のファンクラブ2種を紹介。

【ひろぼーファンクラブ】
福島県双葉郡広野町のファンクラブ。
公式サイトはこちら→ https://hirobo-club.jp/
福島県双葉郡広野町には「ひろぼー」というゆるキャラが。
会員番号は1000番台。

※個人情報は隠させていただきます。
20240425_福島県_双葉町_ひろぼーファンクラブ_001

広野町にて協賛されている施設で会員証を提示すると、
色々なサービスを受けられる特典が。

20240425_福島県_双葉町_ひろぼーファンクラブ_002

とんぼのめがねの童謡が生まれた広野町。
市のゆるキャラ「ひろぼー」くんはトンボの男の子。
眼鏡には青空を、飛行帽は広野町のみかんを、
首のスカーフは大滝をイメージし、夢と希望が込められている
と公式に書かれていました。

誰もが知る「とんぼのめがね」という童謡。
あの童謡はこの広野町で誕生したそうで、広野村に住む内科の
医師であり作詞家である額賀誠志(1900〜1964)というかたが
昭和23年頃に上浅見川の箒平地区に往診へ行った際、
子供達がトンボと遊んでいる情景を見て作詞されたのだとか。

【ふたばファンクラブ】
福島県双葉郡双葉町のファンクラブ。
https://futaba-pj.or.jp/business-3/biz-community/#fanclub
届いたのはお手紙と会員規約、そして会員証。
会員証のイラストは「双葉ダルマ」。会員番号は300番台。

20240508_福島県_双葉町_ふたばファンクラブ_001

七転び八起きの意味をもつ双葉ダルマは、
東日本大震災と原発事故の被害を受けた双葉町にとっての
復興のシンボルとなっているそう。

20240508_福島県_双葉町_ふたばファンクラブ_002

双葉町は、上で紹介した広野町から車で38分ほどの距離。
お隣には大熊町と浪江町。東北の震災の際に事故を起こした
福島第一原子力発電所が立地している地域で、
2022年8月には帰還困難区域の一部の避難指示が解除され、
今年3月のニュースでは、町にある唯一の郵便局が13年ぶりに
ようやく移転再開されたという話題がのぼっていたばかり。

https://www.town.fukushima-futaba.lg.jp/secure/14861/20240423.pdf
町面積の8割以上がまだ帰宅困難区域。双葉町の住民にとって
は長い戦いである。色々と頑張って欲しいな。


ブログに訪問ありがとう。
応援拍手ポチったりコメント頂けると励みになります。
関連記事
テーマ:福島県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック