定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2014年11月17日 (月) | 編集 |
今回はカップ麺のお話をひとつ。

「中国産がどうとか言ってるクセに食べちゃうの?」ですって?
食べるよ。産地も激しく気になるよ。なりますけれども、
どうしても食べなきゃいけない状況となったら気にしていられないでしょ。
それ以外だったらちゃんと産地を調べるけど、カップ麺は目を瞑るしかない。
自炊をしない日に外食したって、特亜産は避けられない。
家で食べるカップ麺も毎日じゃないんだし、たまにくらいならいいでしょ。
…っというワケで本題行きますw

スーパーで買い物をしていたら、
ふと、今まで見た事が無かったカップ麺を発見。ひとつ130円也。
リンク先にはコンビニ限定って書かれているけれどスーパーにあったw

サッポロ一番・いなば食品監修
チキンとタイカレー味 イエローカレーヌードル

http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0404.html

元となった缶詰の味はこちら。本場タイで作られた缶詰だそうな。
我が静岡県が誇る缶詰会社『いなば食品株式会社』の…
『いなば チキンとタイカレー』(イエロー)
http://www.inaba-foods.jp/products/detail/89

↑この缶詰を時々好きで食べるので、カップ麺が気になった次第w


:フタを開けるとこんな感じ。チキンっぽいものがゴロゴロ。
ネギ、そして赤ピーマン。この時点でイエローカレーの強い香りがする。
具がどこ産かは、決してここでは考えちゃいけねぇッス。
缶詰の方の原材料は、タイで生産されている物だという事が判明して
いるのですが果たしてカップ麺の方はいかに?


tai_yellow_2014_001.jpg

:ヤカンのお湯が沸いたら投入、フタをして3分待つ。

tai_yellow_2014_002.jpg

:3分経ったらいただきます。

tai_yellow_2014_003.jpg

ココナツミルクの甘さと、辛さは同等。
甘いけれど、ピリッとした辛さが同時にやってくる不思議な感覚。
これぞタイのイエローカレーといった味でしょうか。
缶詰めのあの味が、上手く再現されているような気がします。
具のチキンは、ちゃんとチキンしていて美味しいです。
よくある謎肉とはえらい違いw

総評:「まぁこんなモンかなー」っと。

他のカップ麺を食べた時には変な胸焼けがしますが、
これはそれが全く無いので嫌いじゃないですよ。
どこかで見掛けた時に、非常用にストックしておこうかな。

最後にオマケとして、
いなば食品のFacebookのリンクを貼っておきます。
https://www.facebook.com/inabafoods


★次回『チキンとタイカレー味』(グリーン)に続く。
※二種を二日に分けて食べましたw


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:カップ麺
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック