定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2014年12月03日 (水) | 編集 |
この日の時系列についてはこちらを参考にどうぞ。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-513.html

2014.11.29参拝
アキバに遊びに行くと必ずここに立ち寄り、神社の神様にご挨拶。
神田明神の御祭神三柱は東京都心108町会(神田・日本橋・秋葉原・
大手・丸の内)の総氏神様。どこの神社でもそうですが、
鳥居の前に来るといつも身が引き締まる思いです。

20141129_kandamyoujin_001.jpg

神田明神は最近ではアニメの聖地になっているらしいですが、
神社は本来「正しい意味での聖地」ですので、アニメの聖地巡礼にやって
来た人たちは是非とも、そこの神社についても色々と知って欲しいです。

20141129_kandamyoujin_002.jpg

神田明神
http://www.kandamyoujin.or.jp/sp/
御祭神:一の宮/大己貴命、二の宮/少彦名命、三の宮/平将門命

---------------------------------
 社伝によると、天平二年(730)にご創建とあり、約1300年の歴史を
持つ江戸東京の神社の中で最も古い神社のひとつです。
はじめは現在の千代田区大手町の将門塚周辺に鎮座していました。
その後、延慶二年(1309)に平将門公を御祭神としてお祀り致しました。
慶長八年(1603)、徳川家康公が江戸に幕府を開き江戸城を拡張する際、
当社は社地を江戸城から表鬼門の位置にあたる現在の地へ遷し幕府より
御社殿が造営されました。以後、江戸時代を通じて「江戸総鎮守」
として幕府はもちろんのこと江戸庶民にいたるまで多くの人々の崇敬を
受けました。

 明治時代に入ると准勅祭社・東京府社として皇居・東京の守護神
と仰がれました。明治七年(1874)、茨城県・大洗磯前神社より
少彦名命をお迎えいたしました。さらに同年、明治天皇が親しくご参拝
なされました。

 平将門は明治七年に一時、摂社・将門神社に遷座されましたが、
その後、神職及び氏子総代をはじめとする氏子崇敬者の懇願により、
昭和五十九年、再び神田明神の三の宮ご祭神に復座されました。


--------------------(神田明神 参拝の栞より)

この日は朝から結婚式が行われていました。
白無垢の花嫁さんを見るといつも「綺麗だなー」と見惚れてしまう。

20141129_kandamyoujin_003.jpg

御由緒に表鬼門がどうという話が出てきます。陰陽道とか好きな人には
たまらん話になりますが『東京の結界』ってやつに関連してきますね。
これは話がちょっと長くなりそうなので省略しておきましょうかw

20141129_kandamyoujin_004.jpg

--------------------------------
『石獅子』
 本石獅子は区内に残る数少ない江戸期の石造物の一つであり、
当時の庶民の信仰を知る上で貴重な資料である。『武江年表』には
「文久二年(1862)十一月両替屋仲間より神田明神へ、岩石を積み、
石にて刻みし獅子の子落としの作り物を納む」とあり、江戸時代でも
幕末期に製作されたと考えられている。

 神社境内の獅子山に据えられていたが、
大正十二年(1923)の関東大震災により獅子山自体は崩壊した。
その際、子獅子は紛失したものの、親獅子二頭は保存され、
再建された獅子山に据えられた。


-------------------(神田明神 境内案内板より)

20141129_kandamyoujin_006.jpg

獅子の子落とし。

子獅子の見上げる先には親獅子が二頭。
「そこから這い上がってこい!」っていうあれですな。
這い上がってきた力の強いものだけを育てるっていうやつ。

20141129_kandamyoujin_005.jpg

…んで、実際にライオンの親は子を崖から落とすかというと、
そういう事はやらないそうです。お母ちゃんは子煩悩なので子を大事
に育てて、お父ちゃんに至ってはその見た目によらず頼りないから
出来ないとかなんとか。…まぁ…あくまでもことわざですから、
そういう所にツッコミ入れるってのは野暮ってものですよw

甘やかすばかりが子育てではないのですが、
最近の若い世代は、甘やかされてぬくぬくと育った人たちが多いので
いざ厳しい場面に遭遇したらすぐにヘコんじゃいそうですね。

日本人よ強くあれ!大和魂を忘れるな!

余談です
この神社には『あかり』ちゃんという神馬が居ますが、
参拝に行った朝の時間には居なかったです。 (´・ω・`)


ブログ応援いつもありがとう!
好きなのに投票+拍手いただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック