FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2014年12月22日 (月) | 編集 |
前の記事を読んでいない人はこちら♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-563.html

伊勢神宮の内宮よりやって来た荒祭宮の柱が、
駒形神社拝殿の横に二本、ドン!と置いてありました。

20141221_komagata_007.jpg

駒形神社の鳥居の横の、掲示板に貼り出してあった文書に、
「次の20年後若しくは40年後、お伊勢様の古材を譲渡される機会があっても
今回のような太柱を戴く事は二度とないことと思われます」とありました。
そのくらいにこの御用材の柱は凄いんです。何たってあの天照大御神の
荒御魂がお鎮まりになられていた、荒祭宮の柱なんですから。

20141221_komagata_003.jpg

この柱はこれからのお勤めを、この駒形神社で送る事となるのです。

20141221_komagata_004.jpg

こういったものを目の前で見て、触れる事が出来る機会は滅多に無いかも。
畏れ多いと思いつつ、お触りさせていただきました。ドキドキです。
ツルツルしていて手触りが良かったですよ♪

20141221_komagata_005.jpg

式年遷宮で出た古材は簡単に戴けるものでは無く、
戴くためにはまず文書を作成して…といった所から始まります。
これら御用材は伊勢神宮ゆかりの場所や、自然災害などで被災した神社
などに譲渡されるそうな。今回参拝した駒形神社は伊勢神宮とご縁の
ある神社。大きな柱をここまで運んでくるにも一苦労ですね。

20141221_komagata_006.jpg

更に横からの写真を。この切り口、いい仕事してますねー。
二十年経ってもこんなに綺麗。

20141221_komagata_009.jpg

「ウチの地域はどうなんだろう?」って気になった人いるでしょ。
せっかくだからこの機会に『伊勢神宮 遷宮 御用材 ○○(←地域名)』
などをキーワードに検索してみるとわかるかも知れませんよ。
あなたのお住いの故郷にも、お伊勢さんからの御用材で建て替える
神社がどこかにあるかもです♪( ^ω^ )

20141221_komagata_008.jpg


余談です
伊勢神宮の御用材の行方、静岡県内ならあとは磐田市の鎌田神明宮。
この神社では外宮からの古材で稲荷社を建て替えるというお話が。


いつも応援ありがとう!好きなのに投票&拍手ボタンを
ポチッとしてもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック