定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2015年01月04日 (日) | 編集 |
その1を見ていない人はこちら。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-577.html

長くなるけど、シビれるお話を見つけてしまったので、
最後までお付き合いいただければ嬉しいです。


さて、池宮神社ですが…
鳥居から真っ直ぐ進むとまず目の前に池があり、
左手に社殿が建っている形になるので、本当はこの神社は桜ヶ池が主と
なる場所かも知れません。神社の境内にありますけれども仏教が絡んで
いたので、桜ヶ池の方ではどちらの方式でお参りをしたらいいのか
ちょっと悩みました。仏教の形式で良かったんだろうか?
でも仏じゃなくて『龍神』だから神なんだよなぁ。

桜ヶ池
http://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/shokan/kanko/kanko/map/sakura.html
御祭神:桜ヶ池主神、皇円阿闍梨大龍神

池の広さは約二万平方メートル。
桜ヶ池の背後には鬱蒼とした原生林が生い茂っています。
境内の案内板によれば桜ヶ池は、二万年前に風と波で砂が運ばれ、
せき止められて出来た湖だということですこの池には龍神伝説があり、
池宮神社では秋の彼岸の中日に『おひつ納め(納櫃祭)』という神事が
行われています。

20150101_ikemiya_005.jpg

--------------------------------
「おひつ納め」と「皇円阿闍梨」

 皇円阿闍梨は肥後の国(熊本県)に生まれ、幼くして比叡山で学問・
仏法を修行され、後に日本の歴史書「扶桑略記」三十巻を記した。
皇円上人は悟りの境地を得るため天台の「止観」という方法に基づき、
さまざまな難行・苦行を重ねられた。
しかしながら仏法の極め難きを知り、五十六億七千万年後に出現すると
伝えられる弥勒菩薩に会うことを発願された。そして、その弥勒菩薩の
教えにより人々を悩みから救うことが出来ると考え、嘉応元年(1169)
六月十三日(九十六歳の時)身を龍と化し、この桜ヶ池に入定された。

 おひつ納めは、後に皇円上人の高弟、法然上人(浄土宗開祖)が
桜ヶ池を訪れ、師である皇円龍神の安泰と五穀豊穣を祈り、
赤飯をつめたおひつを神社に一個、桜ヶ池に一個納めた事に由来する。
以後、親鸞上人(浄土真宗開祖)、熊谷蓮生坊直実が継承し、
以来八百数十年続いている奇祭である。

 また、この桜ヶ池は信州(長野県)諏訪湖と底が続いているとも伝え
られている。それはすべての命をはぐくむ水の神様を共に崇め、
感謝するという古代人から現在の我々に至るまで心の底が通じている
ことを象徴している。御参拝の皆様も、慈悲深い皇円上人、
そして大自然の恵みに合掌して感謝いたしましょう。


---------------------(桜ヶ池 案内板より)

20150101_ikemiya_006.jpg

遠州七不思議 桜ヶ池のおひつ納め
http://www.hamamatsu-books.jp/category/detail/4e1570b97d8b1.html

…と、龍神伝説の詳細はそんな感じ。
皇円阿闍梨という偉ぁいお坊様は、弥勒菩薩が現れる、56億7千万年後
を待つために、龍に姿を変えて桜ヶ池に入定。激しく気が遠くなる未来
ですけれどもその頃に地球はまだ存在しているんでしょうかw

おひつ納めの神事について
直径40cm・高さ28cmの桧製の蒸籠型の器で鑚日で蒸した赤飯、
四升五合(約6kg)をお櫃に固く詰めます。その後、御幣を五本づつ
立て、お櫃を氏子青年数十名が立ち泳ぎして池の中央に出て沈め、
龍神にお供えをします。そしておひつ納めで池の中に納められたお櫃は
数日後には空になって浮かんでくるのですが、これが遠州七不思議の
ひとつとしてこの辺りに伝えられているとの事です。

ちなみに神事に奉仕する団員は、神事の三日前から精進部屋に籠って
準備にあたるのですが、その間朝夕に精進井戸と前浜に於いて水を浴び
垢離を取るなどの斎戒が現在も守られ、行われているそうです。



桜ヶ池の龍に関連して…
7年に一度、水窪(浜松市天竜区)に現れる幻の池。
http://www.misakubo.net/観光情報/名所-行楽/池の平/
「桜ヶ池に棲む龍神が、諏訪に向かう途中で休憩をする時に出現する」
という言い伝えのある幻の池。ここでも諏訪と結ぶ関係が見えてくる。
水窪の地区には天竜川が流れます。諏訪の建御名方神は古事記とは
別のお話で、天竜川を遡って諏訪へ行ったというお話もありますよね。
ちなみに建御名方神は龍の形をしているとも伝えられているそうで、
色々、共通点や関連する何かを見つけるとシビれますw


桜ヶ池の側にもうひとつ、皇円阿闍梨と法然上人の供養碑が。
そして写真には収めていませんが、この碑から更に東側に行くと、
皇円阿闍梨と法然上人の供養塔が建てられています。

20150101_ikemiya_007.jpg
※写真は供養碑の方です。

もうひとつおまけ。仏教はよくわからんス…
--------------------------------
法然上人と皇円阿闍梨 再開の地『桜ヶ池 応声教院』
http://jodo.or.jp/footprint/09/index.html

浄土宗を改宗した法然上人が、皇円阿闍梨を偲んで桜ヶ池を訪れた
帰途に立ち寄って歯吹如来像を安置。「天台宗→浄土宗」に、
「天岳院→応声教院」に改名したと伝えられ、応声教院はまたの名を
『皇円阿闍梨菩提所』『桜ヶ池奥ノ院』とも呼ばれているそうです。

--------------(リンク先:浄土宗『法然上人の足跡』)


いつも応援ありがとう!
投票&拍手ボタンをポチッと押してもらえたら嬉しい♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:写真ブログ
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック