定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2015年06月01日 (月) | 編集 |
最初から読んでいない人はコチラからどうぞ♪
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-768.html

20150523_oomiwa_007.jpg

拝殿の側には大きな御神木、これは『巳の神杉』です。
大物主神の化身である白蛇が棲む事から名付けられているそうな。

(=゚ω゚)ノ 「先生ー、大物主が白蛇って本当ですか?」
SERUNA:「日本書紀にしっかりとその記述がありますよー。
    本当は本を読んで欲しい所だけど、メンドくさい人は、
    大神神社の公式ページに詳細があるから覗いてみようね」

『三輪山の神語り』
http://oomiwa.or.jp/about/kamigatari/

(=゚ω゚) 「夜な夜な通ってくる男の姿を見たくて、
    明るい時間に貴方の姿が見たいわとお願いしたら実は
    正体が白蛇だったとか、そりゃ誰だってビックリするよ」
SERUNA:「後悔してペタッと尻餅をついたら、お股に箸が刺さり
    死ぬって展開もある意味読んでビックリするけどなww」
    (※恐らくですが『箸=火箸』の事かと思われます)

20150523_oomiwa_008.jpg

------------------------------
 御祭神の大物主神が蛇神に姿を変えられた伝承が『日本書紀』
などに記され、蛇神は大神の化身として信仰されています。
この杉の祠から白い巳さん(親しみを込めて蛇をそう呼ぶ)
が出入することから「巳の神杉」の名がつけられました。
 近代の名所絵図には拝殿前に巳の神杉と思われる杉の大木が
描かれてあり、現在の神杉は樹齢四百年余のものと思われます。
巨樹の前に卵や神酒がお供えされているのは巳さんの好物を
参拝者が持参して拝まれるからです。


-----------------(大神神社 境内案内板より)

木の洞を見ると今にも大物主さんが蛇の姿で、
にょろろーんとそこから這い出してきそうな気がしますよね。
この御神木を見るたびに「白蛇出てこないかなー」っと期待をして
しまう私がいますw

20150523_oomiwa_009.jpg

御神木のある場所から離れまして…

下の写真は末社の『神宝社』。
御祭神は家都御子神、熊野夫須美神、御子速玉神。
(室町時代の神社資料に「熊野権現」と記された熊野三神)
このお社は正月元日未明、繞道祭の十八社巡りにおいて三ツ鳥居
から出た御神火が捧げられ、最初に祭典が営まれる神社だそうな。

20150523_oomiwa_010.jpg

古くから三宝荒神の信仰があり、
神宝社の神様は財宝の神として崇敬されているそうですよ。


★その4に続きます。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-772.html


いつも応援ありがとう。
記事を気に入ってもらえたら嬉しいです。
拍手や、ランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:今日のブログ
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック