定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2015年06月11日 (木) | 編集 |
本日ふたつ目のエントリー記事。

--------------------------
【悲報】酒鬼薔薇聖斗、まったく反省していなかった
http://michaelsan.livedoor.biz/archives/51872045.html

----------(リンク先:もみあげチャ〜シュ〜)

長々しい、頭の悪そうな文面を三行に纏めると…

「あー生きてて良かったー。今後も平穏に暮らしたいし、
自分が救済されるために本を出すからみんな読んでね♪
取り敢えず謝っとくから許して!テヘペロ☆」

…って感じか。読む価値がねぇので買いませんが、
まず厨二病的なタイトルの本にイラっとする。反省しているよう
な感じにも思えないし、自分に酔っているようにしか見えない。
中学生が学校で書かされる反省文みたいな文面に吐きそう。
成長できていない『厨二のガキ』がそのまま大人になった感じで、
恐ろしく薄っぺらい「申し訳ありませんでした」にも反吐が出る。

本を出した理由とやらも、コイツが語る、
「僕に残された唯一の自己救済」という一言で既に終わってる
何なんだよ自己救済って。テメエの自慰行為かよ。
恐らく被害者に対しては何も思っちゃいないだろうし、
遺族に対しても心の底から謝っているようには感じられない。
本は遺族に無断で出版。印税もこのバカに行くそうだ。
(だからみんな、絶対に買っちゃダメだぞ!)

こういう奴がのうのうと同じ空気吸って
生きている事自体信じられんのよ。
犯罪者は死ねばいいのに。


事件当時は少年だった酒鬼薔薇。
構成の余地が…といって死刑にもならずに生き延びて、
反省もせずに生きている。更生するどころか、遺族の気持ちを
踏みにじり、再び表に出てきた。ハッキリ言ってあの時、
死刑にしておくべき人間だったんじゃないかな。

クズはクズでしかないのよ。
キチガイに生きる資格なし!
少年法も改正するべき!


しっかし時々いるんだわ、こういうおかしな人間。
謝罪はあくまでスタイルだけで、人を差し置いて自分だけ、
「僕はこういう人間だから理解してね☆」で片付けるキチガイ。
キモいんで理解したくもないけど自己陶酔型に多いね。
「自分はこうなんで」っていう御託なんかどうでもいいわ。
やられた側の人間の気持ちはどうなるんだよ。
ヤダねぇ、精神異常者は。

追加
他のまとめサイトを見たところ、酒鬼薔薇は他にも…
「人を殺していい理由はいまだによくわからないけれど、
自分が苦しむから人殺しはやらない方がいいよ」(要約)
みたいな事も書かれているらしいね。自分の生活が
脅かされるからダメとか完全なサイコパスだな。
目次の画像も見たけど驚愕したわ。


いつも応援ありがとねー。
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
 SERUNA様

 コメント初めまして。
酒鬼薔薇の本。自己救済のために書いたって、
言っていますが自己を救済している場合じゃないと思います。
反省しているようには思えませんね。
出版社も酷いです。不買運動を起こしたいところですが
もうすでにアマゾンでは1位なんですってね。
2015/06/11(Thu) 19:57 | URL  | smilehayashi #-[ 編集]
Re: smilehayashiさん
こんばんは、いらっしゃいませ。
そして初めまして。コメントありがとうございます。

本当、酒鬼薔薇はキチガイすぎる人間ですよね。のうのうと生きて、
ひっそり死んでいくかと思いきや、再び世間にアピールするかのように
出てきましたから驚きます。こんな異常者の本なんか買いたくもないので
まとめサイトにある本の中身(画像)でしか確認していませんが、
「遺族が傷ついてもかまわない」みたいな事を言っているんですよね。
今回の本の出版も、あの事件の時のように、勝ち誇ったような態度で、
遺族含め多くの人に見せつけているみたいな感じに見えるのは
私だけでしょうか。本当に胸糞悪いというか、吐き気がしますよね。

それにしてもAmazonで一位ですか… (´Д` )
買ってる人は何なんだろう。興味本位の人もいるだろうけれど、
寝かせておいて仮に販売禁止になったらオクに流すような転売屋も
含まれているんだろうなぁ。何だかな…やれやれですね。
2015/06/11(Thu) 21:13 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック