定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2015年07月05日 (日) | 編集 |
検索からいきなりココに辿り着いた人はその1から読んでね。
http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-820.html

二の鳥居より進むと、巨石と社殿がチラッと見え始め…
ここはかつての祭祀跡だった場所でございます。
(弥生時代の銅鐸やらなんやらも出土しているらしい)

20150524_kamikura_010.jpg

お!?

20150524_kamikura_011.jpg

おぉぉ!

20150524_kamikura_012.jpg

神倉神社
http://www.kumano-sanzan.jp/hayatama/jinja.html
御祭神:高倉下命、天照大神
-----------------------------
 熊野権現として有名な熊野速玉大社の摂社である。
熊野三山(速玉・那智・本宮)の主神降臨の霊地、熊野信仰の
根本とも申すべき霊所である。
 御祭神高倉下命は建国の功臣、熊野三党(宇井・鈴木・榎本)
の祖として知られ、農業漁業の守護神として御神徳が高い。


----------------(神倉神社 境内案内板より)

でかい!めちゃくちゃデカイ!

「ゴトビキ」とはこの辺の方言で「ヒキガエル」の事らしい。
こんなデッカい岩がドカン!とあるのに、落っこちもせず、
ずーっと長い年月ココにあるってのが凄いですよね。

20150524_kamikura_013.jpg

社殿からの眺めも素晴らしかったです。
私たちの他に何人かお年を召した方がいらっしゃいましたが
(立てる場所が狭いので)入れ替わりでお参りをしては
景色を見て「ほぉ〜っ」と感動のため息をもらしたり、
この素晴らしい景色を楽しみながら撮影してみたり。

海と町が一望できます。

20150524_kamikura_014.jpg

20150524_kamikura_015.jpg

ゴトビキ磐のそばでお参りをしている人を発見。
「私らもそこでお参りがしたい!」と思い、
道を探してみたらあったので行ってみた。

20150524_kamikura_016.jpg

幾つもの石が敷き詰められていました。
おっと…眺めてばかりいないでお参りお参りっと。

20150524_kamikura_017.jpg

側には美しい百合が咲いていましたよ。
まるで磐座のそばに佇む、清楚な巫女さんのようですね。

20150524_kamikura_018.jpg

ゴトビキ磐と社殿と町の景色。
神倉神社へは、いつかまた参拝をしに行きたいです。

20150524_kamikura_019.jpg

そして下山。
石段が怖かったので、帰りは『女坂』を選択するも後悔。
女坂というからには、ゆるやかで歩き易い道があるんだろうなと
勝手に想像したんですが甘かった。甘すぎる程に甘かった。orz
「え? なんか変なトコ迷い込んじゃった??」って感じで、
もの凄くわかり辛いのですよ。足場はツルッと滑りそうだったし
ある意味、石段と同じくらいに別の意味で怖かったw
ひょっとして私が道を間違えたんだろうか。

余談です
神倉神社の御朱印がいただきたい人は、
熊野速玉大社にていただきましょう。( ´ ∀ ` )ノ


いつも応援ありがとう。記事を気に入ってもらえたら嬉しい。
拍手やランキングボタンをポチッとよろしくね♪
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
SERUNAさんは女坂で無事に下山(!)したんですね

下山途中で女坂を検索したら崖があったので断念したのですが普通の坂だったか…

ネットに騙された(笑)

そんなおいらは膝が完全に笑った状態で権現バス停へ進軍していた途中に散歩している柴ワンコに懐かれてしまい散歩しているご婦人と一緒に途中まで一緒に歩いた(笑)

ご婦人とワンコと別れたら今度は白猫さんににゃ~と懐かれてしまいもふもふしてると飼い主の女性が現れて世間話した。

猫と別れスナック街で開店前のママさんと立ち話…

完全に旅番組の高田純次になってしまった

しかしおいらは…

何故か散歩ワンコや猫に好かれる(笑)
2016/07/21(Thu) 22:06 | URL  | 猫柳 #PCMsDtzs[ 編集]
Re: 猫柳さん
こんばんは、いらっしゃいませ。
沢山の記事にコメントありがとうございます♪

帰りの女坂、確かに道のない崖になったような所もありましたが、
全然普通の坂じゃなかったですよ。途中で道を間違えたのかと
引き返してみたりして「こっちか?」「いや違う、あっちか?」
となりながら必死になって下山しました。

女坂という言葉に騙されましたが、これ、絶対に足を滑らせて
落ちる人居るよなー。石段から帰った方がマシだったかも。
帰り道の案内の立て札がほしいところ。
2016/07/21(Thu) 22:48 | URL  | SERUNA★静岡 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック