FC2ブログ
定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
| Login |
2015年10月30日 (金) | 編集 |
誰も救われていない、後味の悪いお話。



ある意味バッドエンド。
道化をした青鬼くんが幸せになっていれば良いけれど、
道化をした事によって、赤鬼くんという友達を失っている。
(人間からの信用も失って、恐らく最終的には独りぼっち)
赤鬼くんもまた渋々ながら馬鹿正直に作戦を受けてしまった
ばかりに、青鬼くんという友達を失っている。

一番救われないのは赤鬼くん。

普通に考えて彼は多分、一生この出来事が頭から離れないん
じゃないかな。人間と仲良くなれて良かったんだろうけれど、
この事をずっと引き摺ったまま生きていくんじゃないかな。
メンタル的な意味で、流石にこれはかなりキツイだろ。

どうして青鬼くんは、赤鬼のために笑えない道化を演じた?
「赤鬼くんのため」といえど誰も得をしないじゃないか。
敢えて自分が悪者になるなんて、どんだけいいヤツなんだよ。
いや、いいヤツじゃなくて、鬼だけど「人が良すぎる」。

何だろう、何かが引っかかるんだよなぁ…
スッキリしない話だなー。


いつも応援ありがとう♪
拍手やランキングをポチッとよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:つぶやき
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック