定食屋さんに訪れるような感覚で見てもらえたら嬉しいです。中身は趣味のネタ色々。ヲタクなネタから神社めぐりまでw
2015年11月17日 (火) | 編集 |
-----------------------------
S県F市の片隅に、アイドルを目指す少女がいました。
子わんこのような可愛い表情の少女の名前は「クロ(仮)」。

『可愛いアイドルコンテスト!
 F市の “アイドル” になれるような子を募集しています!』


Sさんというプロデューサーがそんなチラシを握り締めながら、
「思い切って出場してみようよ!」と言って、クロの元へと
駆け寄ってきました。「コンテストなんて、自分より可愛い子
が選ばれるに違いないよ」とクロは少々自信なさげでしたが、
プロデューサーの熱意に負け、F市が立ち上げたコンテストに
勇気を出して書類を送ってみことにしたのです。

コンテストは非公開。まずはF市による書類選考。
暫くして上位三名が発表になりました。クロは残念ながら落選
という結果に。上位者発表の場でステージを見ながら、
Sプロデューサーは大変残念そうに呟きました。

S:「クロの方が絶対可愛いのになぁ…」
クロ:「きっと私よりも他に、可愛い子たちがいたんだね。
  仕方ないよね、だって書類で落ちたんだもん」
S:「いや、それにしても上位でこのレベルって…なぁ…」
F市:「この3名から市民による投票方式で優勝が決まります!」

アイドルコンテストには、何百という参加者が集まったそう。
結局このF市のアイドルコンテストでの優勝者は「F江さん」
という、見た目が少し怖い幽霊のような和服姿の女性に決定。

観客:「…………アイドル…だと?」

投票したはずの市民からも、キモいと不評を食らっている様子。
コンテストの不透明さに納得がいかないプロデューサーは、
F市に問い詰めてみました。

S:「本当にそんな数集まったんですか?
  さぞ可愛い子が来たんでしょ、他の子達の姿も見たいなぁ」
F市:「いやー、本当に沢山の子が集まったんですがね。
   元から公開するつもりはありませんでしたし、
   今後、公開するつもりも一切ないッスねー(鼻ホジ)」
S:「えぇー……」

オープンな場でのコンテストではなかったので、
世間を騒がせた、某エンブレムのようなデキレースがあったかも
知れないという疑惑は拭いきれません。その後、優勝が決まった
F江さんは、市のイベントに顔を出すもチビッコに大泣きされる
映像がうっかりお茶の間で流れたり、相変わらず「キモい」と、
地域の住民にヒソヒソと陰口を叩かれているご様子w

Sプロデューサーは、クロを埋没させておくのは可哀想だと、
F市の『非公式アイドル』として、個人のちっちゃーい事務所で
売り出していこうと心に誓いました。

S:「クロ、お前は公式なんかじゃなくてもいいんだぞ。
  地道に頑張れば、お前の可愛さを評価してくれる人がいる」

クロの物語はここから始まるのです。
アイドルを目指すクロもまた、プロデューサーの応援に応え、
非公式アイドルとして頑張ってみようと思うのでした。


つづく(…といいな)

-----------------------------

デザインコンペでよくある事とはいえ、
忘れてないからな、藤枝市。



ブログ応援ありがとう!ランキングボタンや拍手を
ポチッと押してもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック